Noah Clubhouse

OFFICIAL INSTAGRAM

FEATURE

FEATUREjournal

Breaking Down The Cost: Tariffs

Category : JOURNAL

Dec 09, 2019

ニュースに注意を払えば、世界中で多くのことが起こっていることがわかります。それらの起きていることは気づかないかもしれないですが、私達のビジネスにどれだけの影響を与え、あなたが支払うであろう製品の最終価格に影響することになるのです。どのようにすれば理にかなった価格で素晴らしい製品をつくる方法があるのか?を私たちは常に考えています。

最近の価格の変動について説明しようと考えていましたが(第1部:LABOURと第2部:FABRICを参照)、多くの皆さんが、価格がなぜそうなるのか疑問に思っているかもしれません。私達が作る製品の上で最も重要なコストに少しスポットライトをあててみたいと思います。

沢山の話がありますが、これを数週間にわたって広めるつもりです。以下は、私たちが今日掘り下げようとしている1つの側面、関税です。

関税は非常にシンプルで、それが何であるか、どこから来ているのかという2つの事柄に重要です。

世界で起きている貿易戦争は、各国が互いの商品の関税を引き上げ、互いに引き下げた時に起こります。これは私達が、今置かれている状況なのではないでしょうか。

ニュースの一つとして読んでいるかもしれませんが、この貿易戦争は自分達と関係ないところで起きている訳ではありません。私達のような小さなブランドにとっては脅威な事なのです。関税は、私達が望む場所で生産をするためにかかるコストの重要な部分であり、今起きている各国間の関税引き上げ合戦は、私達の製品を生産する国の変更を余儀なくさせられてしまいます。

数週間前のブログシリーズでお伝えした、NOAHのフリーススウェットとラグビーシャツはカナダの工場で作られています。

このカナダに対して、米国大統領が昨年に関税の引き上げを(貿易戦争)輸入牛肉で仕掛けました。過去何十年にも渡り、NAFTAと呼ばれる米国、カナダ、メキシコとの間で締結した北米自由貿易協定が存在しますが、これは、三ヵ国がお互いの関税を引き下げていきながら、相互で輸入するもののコストを削減していく事に合意した協定です。

なんらかの理由で、大統領が決定した1つは、NAFTAについて火をつけた事です。NAFTAを反故にして別の貿易協定をカナダとメキシコとで結ぶ話でした。私達はこの動きの不確実性はとても脅威に感じました。 

NAFTAによりカナダでの優れた製品の生産が可能になり、NAFTA協定の国の間で生産する事は、私達のビジネスにとって経済的な大きな理由でもありました。

スウェットシャツ、ラグビーシャツ、ニットトップスは当社のビジネスの重要な部分であり、カナダの工場との取引を変更すると、価格を引き上げていくか、別の工場で製品の品質が下がる所と取引しなくてはいけないのか について厳しい決断を迫られる可能性があるのです。

昨年の米国製品がヨーロッパに対しての、製品関税はアメリカ製ジーンズが25%の関税でした。その25%の輸入関税は私達のロンドンのDover Street Marketでのジーンズ価格に確実に影響を与えていたはずです。

これらの事態に対応できる準備をするとなると数か月前に計画する必要があり、実際に計画を実行するとなると非常にストレスであり、この貿易戦争、両国間に影響を与えるニュースを見ると、私達の胃は痛くなります。

大統領は、貿易戦争がお互いの国と企業と人々を、傷つけるだけの事でしかないという事は、理解できているという兆候がありますが、それでも尚、私達はこの貿易戦争の問題に目を光らせています。また、関税によって、私達が選んだ生地のほとんどにコストが明らかでなくなり、わからなくなる可能性があることを述べたポイント戻ります。これは品目が何であるかによって決まる関税の側面に関連しています。関税コードの複雑さを説明するのは本当に難しいのです。文字通り13,200の異なるカテゴリーがあって、ミツバチ(0%)からトイレの便座(6.3%)に至るまで輸入可能なあらゆるものが対象です。綿だけでも、種子から完成品まで、数百のカテゴリーがあり、それぞれに独自の税率があるのです。

製品すべてを綿で作った場合にはそれ程問題がありません。1桁のパーセント範囲でかなり合理的な関税率になります。素材によっての関税率がどれほど違うのか?例をご覧になりたい場合は、私達のスイムトランクで説明したいと思います。

イタリアで良質なナイロン生地のサプライヤーとメーカーを見つけ、私達が誇りに思えるスイムトランクスを作りました。欠点は米国に輸入された時点でイタリア-ナイロン製のスイムトランクスは27.9%の輸入関税の対象となります。この関税により顧客にとって非常に高価な商品となるのです。現在のところ、その高い関税は、スイムトランクスの商品価格188ドルのうちの15ドルになっています。

あなたは疑問に思うかもしれない。-なぜ他の国でそれらの製品を作らないのか?素晴らしい質問だと思います。良いスイムトランクスを作る事は、あなたが思うより、とても難しいのです。生地は滑りやすく、縫うのが難しいため、それらを正しく縫製するのは、高度な技術と経験者がないと出来ないものなのです。

米国にはこの難しいレベルの縫製を行うことができる工場がありますが、私達の生産取引規模では到底出来ない量の生産ミニマムを要求してくるのです。

このシリーズの最終回であり、生産取引の規模感がいかに重要な問題なのかについて説明できたのではと思います。

これにより、私達が今後どのようにしていくのか?どのようにすべきか?で価格設定に関する疑問に答えられていることを願っています。このシリーズの締めくくりとして、価格が下がる可能性を含め、規模が大きくなるほど、価格変動に縛られないオプションが増えることだと思っています。

私達が嬉しかった事は、私達の価値観を共有してくれるお客様、人々から受け取った製品に対するとても良い反応です。  

この記事を読んでくれてありがとうございます。そして何よりも、この目をとめてくれた事に感謝しています。