Noah Clubhouse

OFFICIAL INSTAGRAM

FEATURE

FEATUREjournal

Chaos Over Confusion

Category : JOURNAL

Dec 19, 2019

重要な世界的出来事、環境破壊、新しい法律の成立、自然科学における飛躍的進歩について聞くと、私たちは幸運なことに明確化と理解のために頼れる人々のネットワークをもっています。 多くはそれぞれの分野の専門家であり、何が起こっているのかを理解するのに役立ちます。


米国がこの秋に突然シリアを去ると聞いたとき、私たちは実際にそこで起こっていたことと、それに至るまでの経緯を直接把握したかったのです。聞いているニュースによっては、矛盾するメッセージがたくさんあるように思えます。私たちはまず、Ben Andersonに目を向けました。BenAndersonは、War Is Hellについて私たちのブログで紹介しました。彼は控えめな人物だったため、ワシントンD.C.に拠点を置くジャーナリストのMike Giglioに任せました。Mike Giglioは、 『Shatter the Nations:ISIS and the War for the Caliphate』の著者であり、The Atlanticのスタッフライターでもあります。 彼は、イラク、シリア、ウクライナの紛争について広く報告しており、ISISの犯罪および金融ネットワークなどのトピックに関する調査作業を行っています。


忙しいスケジュールにもかかわらず、Mike Giglioは私たちのために次のことを書く時間をとってくれました。 海外で何が起こっているかについての彼の報告に非常に感謝しています。

過去2か月にわたってシリアからのニュースを聞いていると、おそらくアメリカ軍が去っていると聞いたことがあるでしょう。もしくはアメリカが留まっていることも聞いたでしょう。 たぶんアメリカ陸軍州兵から新しく到着した戦車と兵士の映像を見たかもしれません。 それでどちらですか?と疑問に思ったかもしれませんが、 紛らわしいことに答えは両方です。


この種の混乱は、過去10年間のシリアに関する米国の政策を定義してきました。2011年の初めに、ジャーナリストとして、私はBarack Obamaがまだ最初の任期にいる間、紛争を取り上げ始めました。アラブの春(アラブの春とは、2010年から2012年にかけてアラブ世界において発生した、前例にない大規模反政府デモを主とした騒乱の総称である。2010年12月18日に始まったチュニジアのジャスミン革命から、アラブ世界に波及した。)の始めにシリアがどのように見えたかを思い出すことは困難です。希望、切迫、国中の若い抗議者が世界最悪の独裁政権の平和的な打倒を求めています。最近の香港での抗議行動に類似点が見られます。 通りのシリア人は、民主主義、社会正義、人権を唱えていました。多くのアメリカ人は彼らを支援したかった。 一部の人々は、インターネットから彼らのFacebookやTwitterの投稿を共有し、人々の関心を集めるように促しました。 最終的に2011年8月、オバマ大統領はシリアのバシャールアルアサド大統領が辞任するよう求めました。 その代わりにアサド政府は抗議者に極端な暴力で対応し、一部を投獄して拷問し、路上で無差別に人を殺しました。


今のシリアの厳しい状況を理解するために、この起源の物語を知ることは重要です。そして、最初から混乱した米国の政策がいかに流血を悪化させたか。抗議中の暴力は最終的に内戦につながり、米国政府はそれに関与することを決定しました。 シリアとの国境にあるトルコ南部に到着し、2012年の夏に、反乱に流れ込むさまざまな種類のアメリカの支援の追跡を開始しました:政治訓練、人道支援、武器。しかし、反対を支持したとしても、米国政府は政権交代のビジネスに参加したくありませんでした。ですから、反乱軍に送った武器は、彼らを生かすのに十分でしたが、戦争に勝つことはできませんでした。 この混乱した政策は、アサドのジェット機が民間地域を爆撃し、多くのシリア人が国を逃げたため、戦争を血なまぐさい状態に保つ役割を果たしました。トルコに逃げる難民の数が数千人から数万人、そして数十万人になり、最終的には約300万人に達したため、最悪の人道的危機が発生したのを見ました。

民間人、密輸業者、ジハード、反乱軍司令官と長年にわたって行ってきた戦争時のインタビューの多くー人々は時に絶望的に私に、アメリカの意図は本当にシリアにあると思うかと尋ねました。私が彼らに伝えることができた最高のことは、米国政府はおそらく最終的に失望するだろうということでした。そして、時間が経つにつれてそれが起こるのを見ました。 活動家、反政府勢力、政治指導者、援助労働者、および米国の支援を受けた他のすべての人は、一般的に逮捕、殺害または国から追い出されました。


ニューヨーク・タイムズがこの秋に記録したように、彼らはアサドと、民間病院を意図的に爆撃した同盟国ロシアによって標的にされました。彼らはまた、血なまぐさい反乱の混乱の中でシリアで立ち上がったISISの標的にされました。実際、シリアとイラクでの勢いの上昇は、親米の反対勢力の残ったものの始まりでした。それはまた、アメリカをこの地域の別の戦争に引き戻したものでもありました。 最初のこの新しいアメリカ戦争は空爆だけで、それらの空爆は地元の兵士と協調して行われました。そして最終的にアメリカは軍隊を地上に配置しました。 シリアでは、アメリカの主要なパートナーがクルド人になりました。クルド人は、この国とその周辺で伝統的に抑圧されてきた少数民族です。

アメリカがISISに関心を持つ前でさえ、彼らがイラクのモスルを占領し、西洋の援助労働者とジャーナリストを斬首し始めた後、クルド人はシリアで彼らと戦っていた。実際、2013年の秋にシリア北東部のあいまいな場所で彼らを訪れたとき、彼らは最初にISISについて警告してくれました。そこに着くために、私はトルコの国境を越えて地雷原を通ってシリアに入国し、写真家のYusuf Saymanと一緒にいました。クルド人がISISに対して孤独な闘争を繰り広げていることがわかりました。 ほとんどのアメリカ人はまだグループのことを知りませんでしたが、クルド人は彼らが賢くて強く、外国の戦闘機に支配されており、すぐに広い世界の問題になると私たちに話しました。Yusuf Saymanと私がISISとクルド人が戦っていた地域を駆け抜けたとき、若い男性と女性の何百枚もの写真が道端に並んでいた。 これらはすでに戦争で殺されたクルド人の兵士でした。 その後の数年間で、その数は何倍にも増加します。


クルド人は、シリアでISISと戦うためにアメリカと協力して4年以上を費やすことになります。 アメリカ軍がこの国に到着したとき、彼らはクルド人の領土を拠点としていました。クルド人は、アメリカ兵によって武装され訓練された多民族部隊で形成され、シリアのISIS領土を解放するためにほぼすべての地上戦を戦い、途中で10,000人の兵士を失いました。今年の初め、アメリカ軍とクルドの同盟国は、ISISを国内最後の拠点から排除したと宣言しました。


クルド人とのパートナーシップで、シリアでのアメリカの役割は最終的に明らかになった。それは戦争中に、共通の敵に対する信頼できる同盟国との協力。しかし、よく見るとシリアでの米国の役割はこれまでと同じ混乱に陥っていたことがわかります。これは再び友人に致命的な結果をもたらすでしょう。アメリカが公式に戦争をしている間、それが何を意味するかについて明確な答えが無いからです。シリアの地面には1,000を超えるアメリカのブーツがありましたが、この紛争に配備されたアメリカ軍は公に出ていません。米国の任務は特殊作戦部隊を中心に展開され、Delta ForceやSEAL Team Sixなどの部隊のメンバーは作業が分類され、世間の注目を浴びることはありませんでした。つまり、米国政府は、国民に公開する必要のない兵士を地上に置くことができ、これによりアメリカ人は、一方ではISISと戦っているが、他方ではそうではなかったと感じるようになりました。  私は、イラクとシリアの両方での米国の空爆による民間人の犠牲者を記録している間、同様の考え方をしました。 彼らは何千人もいましたが、それは政府が認めなかったことであり、普通のアメリカ人はあまり知りませんでした。

この孤立感により、トランプは10月にクルド人を簡単に放棄しました。そもそもアメリカ人が本当に理解していなかった戦争でアメリカ軍を維持するのはなぜですか? そして彼は、トルコとの国境近くのクルド人地域から米軍を撤退させた。それはシリアのクルド人と敵を考慮し、彼らを攻撃することができた。トルコのジェット機が爆弾を落とし、より多くのクルド人兵士が死亡し、トルコの支援を受けた戦闘機が民間人に対する虐殺を行ったため、10万人以上の人々がその後の混乱に追いやられました。 シリアに潜んでいたISISは、突然新しい活動を始めました。米国当局者は被害を止めるために急いでおり、少なくとも部分的にトランプの決定を覆すように説得しました。クルド人は領土の奥深くに後退し、そこにはアメリカ軍が残っています。 結局、撤退は部分的なものでした。 これを正当化するために、トランプ氏は米軍がこの地域の油原を保護し、ISISの手に落ちないようにするために留まっていると述べました。ISISが現在油田を占領してもほとんど利益を得ないため、これはほとんど意味がありません。ISISに対しアメリカ軍はクルド人との協力を続けています。アメリカ政府は、シリア中に何千人もの戦闘機が隠れていると考えています。


混乱は続き、それに伴う混乱も続きます。


私がここで説明してきた主題に関する6年間の報告は、私の新しい本「Shatter the Nations:ISIS and the War for the Caliphate」の基礎となっています。 私は、これらの人々や場所に光を当てることで物事の混乱を軽減し、アメリカ人に私たちが考えているよりもこの対立に関係していることを示すことを望んでいました。