Noah Clubhouse

OFFICIAL INSTAGRAM

FEATURE

FEATUREcollaboration

DEPECHE MODE

Category : COLLABORATION

Dec 12, 2019

World in My Eyes

1990年、私たちは新しい音と自分自身を表現する新しい方法に出逢いました。私たちは目の前に可能性の世界を感じることができましたが、それがどのように感じられるかはまだ解りませんでした。そしてViolatorを聞いたとき、すぐにそれが私たちにとって合致していると感じました。Depeche Modeは、オーガニックで新鮮な感じで、ライブインストゥルメントを、私たちがすでに愛していたエレクトロニックミュージックに織り込む方法を見出していました。テクスチャのレイヤーを追加して、真の体験を構築する新しい方法を受け入れるのは難しい事ではありませんでした。ー没頭する豊かな想像の世界。

Personal Jesus

彼らの音楽には、より深いつながりを促進する何かがありました。 彼らは普遍的な感情について、簡単に関連する方法で話しました. アルバムがどれほど巨大になったとしても-Depeche Modeとは個人的な関係を感じました。 彼らの歌には人生よりも大きく感じられる何かがありましたが、彼らの核心では、私たちが関係する日常の闘争について話しました-疎外と孤独。 真実を伝えるとき 至福の追求。

Enjoy the Silence

Depeche Modeは魅力的な音楽を作るだけでなく、音楽自体がシネマでした。ミュージックビデオが登場する前から、その音を通してイメージを呼び起こしていました。彼らの風貌は意図的にユニークであり、象徴的なDepeche Modeのままです。

Policy of Truth

Depeche Modeの音楽には暗い印象を持つことがあり、歌詞はその印象を強調しました。しかし、歌詞はそのような印象を与えるかもしれませんが、音楽は元気を与えてくれるものでもあり、希望を感じることができます。より雰囲気のある曲でも、「Enjoy the Silence」のギターや「Policy of Truth」のシンセのリフなど、高騰する作品がしばしばあります。時々、かすかな光があなたの魂を持ち上げるのに十分です。