Noah Clubhouse

OFFICIAL INSTAGRAM

FEATURE

FEATUREcollaboration

Noah x Wizards

Category : COLLABORATION

Apr 21, 2021

ラルフ・バクシへのインタビュー


ラルフ・バクシが私たちの好きな映画の1つを作り、未来を予測し、80年代と90年代のサイケデリックアニメーション界のパイオニアになった経緯。
1977年、ラルフ・バクシは映画「Wizards」を書きおろして、監督と制作をおこないアニメ化しました。 シュールな絵は、ナチスのプロパガンダの誤った情報や過激化した邪悪なモンスター(軍隊)を不注意に生み出した世界を表しています。
そして、ウィザーズの現代的な関連性とラルフ・バクシの意思は失われていません。優しくて良い心の持ち主アヴァターとねじ曲がった心を持つミュータントのブラックウルフのような象徴的なキャラクターを、Noahのカプセルコレクションを通して、もう一度この映画にスポットライトを当てたかったのです。
私たちは友人(そしてバクシの大ファン)のジアン・デレオンと一緒に、彼が映画を書いたときに頭の中で何が起こっていたのか、社会的解説としてのファンタジーの役割と、漫画家ヴォーン・ボーデの永続的なグラフィティへの影響力について尋ねました。

ウィザードのアイデアはいつ思いついたのですか?


ラルフ・バクシ:60年代から70年代にかけて、アメリカではファンタジーアートに大きな革命が起こりました。 その前に、バックロジャースや漫画のような空想科学小説があり、ファンタジーコミックとファンタジー小説の大革命はロードオブザリングから始まりました。 トールキンはおおきなムーブメントになりました。
漫画家が私のオフィスに来て、「トールキンの本を読んだことがありますか?」と尋ねてきたのを覚えています。 それまでロードオブザリングが何であるか私は知りませんでした。 それはユダヤ人のバル・ミツワー(成人式)または結婚式のことだと思っていましたが、最終的にそれを読みました。 そして、ロバートE.ハワードの英雄コナンシリーズがありました。彼は魔法とファンタジーの偉大なパルプフィクション作家でした。彼の本が人気を博し、実際に私の友人であった偉大な芸術家、フランク・フラゼッタは、コナンの本の表紙のために素晴らしい絵を描き始めました。

この映画はその他の作品からの逸脱しており、あなたは忙しない都会の環境から、より幻想的な環境へと移行したのですか?


当時、私はフリッツ・ザ・キャット、ヘビー・トラフィック、クーンスキンのような他の映画で肉体的にも精神的にもかなり疲れていました。近所の人々に追い回されたり、指をさされては罵声を浴びせられました。私はそこから逃れたかった。
私は疲れ果てていたので、休暇を取りにコロラドのグランドティトンに行きました。そこは非常に綺麗な場所でした。そこで私はファンタジーが大好きで、ファンタジーを作りたいという気持ちに気づきました。 私は休暇中に絵を書き続けました。しかし、当時は自分のスタイルではなかったので、何度も自分に問いかけましたが、私は自分がしてきたことについてあまり関心がありませんでした。 それは私の中の50年代と60年代のビートニク、ジャクソン・ポロックの抽象表現に近いものでした。

観客の固定観念や先入観が存在する今日よりも、当時のファンタジーというジャンルは、少し知的であると考えられていたような気がします。


ファンタジーは非常に知的で賢いとされていたので、フィクションは非常に良かった。しかし、ウィザードの重要な点は、私が誰であるか、そしてアニメーションで何を伝えるべきか。私はユダヤ人の信仰、ヒトラーの議論、そしてファシズムの台頭をアニメーションの中に挿入しました。それは今世界中で起こっていることを見てもらうためです。
ウィザードについてのすべてはベトナム戦争と関係があり、トールキンも同じことをしたと思います。 彼は[第二次世界大戦]の間にロードオブザリングを書きました。彼も戦争を経験しましたが、驚くべきことは、戦争がまだ続いているということです。 突然ファシズムが高まり、惑星が死に、トランプやヒトラーのような邪悪な人々が権力を持ちます。この事実を伝えるのがウィザードの目的です。
言い換えれば、ウィザーズのファンタジーは娯楽ではなく、世の中を映す鏡です。 ありきたりのフィクションよりも現実的です。
私は反ディズニーでしたが、アニメーションは社会を風刺することができる素晴らしい政治ツールだと感じていました。ですから、私たちの時代の問題を議論することは非常に重要だと感じました。第二次世界大戦を経て、ヨーロッパで何が起こったのか。そのすべてについて話し合うことはできませんが、少しでも理解を得ることができるのがアニメーションの役割だと思いました。
ファンタジーはこれらの問題を議論するのに最適なツールだと思います。ファンタジーがこれらの問題要素をエンターテインメントの中に隠している場合は、別の観点から見て、「ちょっと待ってください、これは事実です」となります。 アニメーションの中のエルフと妖精はナチスと並置されており、ストック映像は信じられないほどのイメージで、奇妙な感じがします。

ヴォーン・ボーデは、ウィザードとあなたのバージョンのロードオブザリングに大きな影響を与えました。 彼はまた、グラフィティの世界にも大きな影響を与えました。 ストリートアートの世界で自分のキャラクターが生き返るのを見てどう思いますか?


ヴォーン・ボーデとは 幼い頃に出会い、私のとても親しい友人でした。  私たちは一緒にThe Amorous Adventures of Puckの映画を作るつもりでした。 私はボーンが大好きで、彼は私の絵が大好きでした。彼はいつもスタジオにいて スタジオ中をぶらぶらしました。彼は私のために脚本を書いてくれましたが、映画を作る前に彼は亡くなってしまいました。素晴らしい映画ですが、ヴォーンなしで作りたくありませんでした。  彼はスタジオ内に非常に影響力がありました。
ヴォーンのイメージはセンセーショナルで、グラフィティアーティストは、彼がやっていることや言っていることを完璧だと思っていたので、彼に影響されました。 ヴォーンが私や世界中の他のすべての漫画家に与えた影響については計り知れません。私のキャラクターを、世界中の壁に書いてくれるストリートアーティストから沢山のメールが届きます。 コロンビアとブラジルの平和、アバター、エリノア。 ロードオブザリングとヘビートラフィックは世界中の壁のいたるところにあります。 私はそれが好きです。