Noah Clubhouse

OFFICIAL INSTAGRAM

FEATURE

FEATUREenvironment

Save The Great South Bay

Category : ENVIRONMENT

Feb 25, 2020

SS20 lookbookで、海に面した4つの別々の危険を強調しました。魚のいない未来、有害なビーチ、虐殺されるサメ、そして今日の問題は、自己責任で泳ぐです。

ロングアイランドの多くの人にとって、海は生活の一部です。かつては豊富な沿岸生態系が存在していましたが、ハマグリ、カキ、魚の個体群は一掃され、ゴミは川から海へ流れ込みました。 ビーチは汚染されすぎて泳ぐことができず、茶色の潮で海岸線が汚染されました。

急速に進んでいる環境災害は、誰もが知っていましたが、Save The Great South Bay が8年前に設立されるまで環境災害についてどうするべきか誰も知りませんでした。 おそらく最も重要なことは、それが一般の人々によって組織されたことです。

STGSBの歴史と現在の取り組みについて、Robyn Silvestriと話しました。 NOAHは、この市民主導の組織を2020年の1% for the Planet Planetのパートナーの1つとしてサポートできることを誇りに思っています。

Save The Great South Bayの概要を教えてください。

Save The Great South BayInc.は、ロングアイランドのグレートサウスベイの活性化を専門とする非営利団体です。 今昔のサウスショアの漁師、ボーター、パドルボーダー、サーファー、船員、環境保護主義者、市民団体、学校、海洋科学者で構成されており、全員が協力しています。

STGSBはいつ設立されましたか?

STGSBは2012年8月4日に始まりました。ベイポートのGrey Horse Tavernで35回目の再会を祝しておこなわれた、77年卒業のセイビル高校の同窓会で、2人の友人が語っていた内容で、私たち全員が過ごしたグレートサウスベイが大変なことになっていることに気付きました。 その会話の数週間後、FacebookグループSave The Great South Bayが設立されました。 現在14,000人のメンバーがいます。

STGSBのような組織の存在が必要になったきっかけは何ですか?

グレートサウスベイに起こっている環境災害の事実で私たちは衝撃を受けて失望しました。それはロングアイランドの長年にわたる環境危機を表しています。私たちは科学者や地元の人々と協力し、湾をどのように修復できるか、どのような行動を取る必要があるかについて話し始めました。

グレートサウスベイで最も有害だった、または壊滅的なことは何でしたか?

Save The Great South Bayを設立してから10週間後、ハリケーンサンディがヒットし、私たちの無力さを痛感しました。 かつては豊かだったこの湾が今や貝の減少だけではありませんでした。問題はそれよりもはるかに大きかったのです。数十年にわたる氾濫原と沼地での建物は、私たちの沿岸の回復力をひどく低下させました。アマモ草と沼地の島々(過去には波の作用の影響を緩和するのに役立ちました)は、間引きされてしまいました。また、本土の樹木と自然の生息地が急速に失われたため、汚染された流出物が非常に大きな問題になりました。

さまざまなプログラムについて教えてください。

これらのハイパーローカルプログラムの設立を支援してくれた情熱的で献身的な人々が、私たちと一緒に働いてくれるのはとても喜ばしいことです。

1. Creek Defenders:

サウスショアの16の町と村にまたがる湾には、約50の小川が流れています。 健全な入り江がなければ、健全な湾はありません。そのために、私たちはこれらの各地域にクリークディフェンダーを任命しました。このプログラムは、地元のサウスショアの住民、学校、市民および環境団体を集めて、マサペクアからマスチックまでのすべてのコミュニティの小川をきれいにし、保護します。

2. Habitat Restoration:

ここでの目標は、貝を湾とその河口に戦略的に再導入して、これらのフィルターフィーダー(カキやリブ付きムール貝など)が水をきれいにするのを助けることです。私たちは海岸線と湿地の修復を提唱し、マリーナ業界と協力して「グリーン」ポリシーの推進を支援しています。

3. The Bay-Friendly Yard Pledge:

STGSBはGrassroots Environmental Educationとともにこの構想を開始しました。現在、他にも30の地域環境グループが参加しており、湾に優しい、農薬や化学薬品を使用しない肥料の使用を提唱しています。また、生息地の回復に焦点を当てています。特に、地元の動物(鳥、蝶など)にとって有益な植生の在来種のみを植え、ロングアイランドの固有の美しさを保持することに努めています。

4. Science First;

私たちは、政治の影響を受けない湾の管理に対する体系的で科学的に推進されたアプローチを促進します。健全な湾とは、サウスショアの健全な経済を意味するだけでなく、将来の世代のための重要な公共財の保存を意味します。 子供や孫が私たちが成長してきたときと同じように、これらの水域で魚、アサリ、泳ぎ、ボートをできるようにしたいと願います。

STGSBの次は何で、どのようにして人々が参加できるのでしょうか?
2019年には、十数件の組織的なクリーンアップを実施しました。 2020年、アースデイ50周年を記念して、50回のクリーンアップを目標に設定しました。クリーンアップに参加するには、当社のWebサイトwww.savethegreatsouthbay.orgにアクセスしてください。 地元の管理、コミュニティへのアウトリーチ、教育、擁護はロングアイランドの未来への鍵です。