Noah Clubhouse

OFFICIAL INSTAGRAM

FEATURE

FEATUREenvironment

Shark Stewards

Category : ENVIRONMENT

Mar 17, 2020

ルックブックの、世界の海洋に関する4つの関心領域とそれらに対処するための支援を行っている、1% for the Planetパートナーの詳細を示す継続中のシリーズでは今回、サメが虐殺されるというトピックを詳しく見ていきます。 

Shark Stewardsは、乱獲とひれ取引の恐ろしい習慣に焦点を当てた、ベイエリアに拠点を置く非営利団体です。主張、研究、生態系保護の取り組み、および教育活動の組み合わせにより、シャークスチュワードは、ひれ販売(米国および海外両方)の禁止、サメ保護区の作成、漁業慣行の監視、および沿岸の生計手段としての安全なエコツーリズムの推進に取り組んでいます。そのキャンペーンは、政府、漁業、さらには貨物会社にさえ、フィン市場を維持するシステムを破壊する措置を講じるよう説得するのに役立ちました。そして、これらは、サンフランシスコ湾とその周辺に住むサメに焦点を当てた実践的な研究と組み合わされています(そして、その情報を受けています)。 詳細については、Shark Stewardsのディレクター兼創設者であるDavid McGuireに訊ねました。

Shark Stewardsはいつ設立されましたか?その主な使命は何ですか?

Shark Stewardsは2006年に設立されました。その使命は、サメを乱獲やヒレ取引から保護し、保護地域とサメ保護区の設立を通じて重要な生息地を保護することで海洋の環境を回復することです。これは、教育を通じて、海洋科学に基づいた政策変更を提唱することによって行います。

この組織を作るきっかけは何でしたか?

サメは4億年以上前から存在し、海洋生態系における海洋種の健康とバランスの形成と維持に貢献しています。彼らは、恐竜が絶滅した時期を含む地球の5つの大きな絶滅期を生き延びました。この想像を絶する期間を通して、サメは海の最大の捕食者でした。しかし今、突然、彼らはシャチにその場所を脅かされました。 Shark Stewardsは、海洋の自然秩序におけるこの危険な発展に対処するために結成されました。

サメが今、直面する最大の脅威は何ですか?

乱獲とひれ取引は、驚くほど持続不可能な速度でサメを殺します。フカヒレスープ(アジアで収益性の高い高級品)の需要は、規制されていない、管理の行き届いていない、または完全に違法な漁法と相まって、サメの個体数は世界中で激減しています。 いくつかの種は絶滅の危機に面しており、それらの多くは私たちの寿命内に絶滅する可能性があります。

Shark Stewardsはこれらの問題にどのように対処していますか?

米国のいくつかの州で、フカヒレの販売を禁止する法律の制定を支援することができました。私たちはカリフォルニアでスタートしました。これは、州で最も重要な禁止措置でしたが、現在、13の州で法律があります。 最近ではニュージャージー州が2020年に制定されたばかりです。

私たちはサンフランシスコに拠点を置いていますが、1年のうち3か月間はアジアで働いています。私たちの焦点は、中国でのフカヒレやその他の野生生物の取引を減らし、インドネシアとマレーシアでサメの保護区を作ることです。

Shark Stewardsの今後の予定は?

1,000万人以上の都市である中国の深センは、世界で最もエキゾチックな野生生物や魚介類を消費する場所ですが、私たちは、2020年に地元の若者と海洋教育と支援活動を行うプロセスを進めています。