Noah Clubhouse

OFFICIAL INSTAGRAM

FEATURE

FEATUREindetail

Silent Spring Tee

Category : IN DETAIL

Mar 10, 2020

Rachel Carsonによる史上最高の科学書の1つとされているSilent Springは、農薬、特にDDTを無差別に使用することによる環境への悪影響について述べています。それは、EPAの設立につながった米国での環境運動を引き起こしましたが、より重要なことは、自然界の保護における市民の役割や方法を変えることでした。化学産業がその道を進み続けることが許された場合、カーソンはそれを真の脅威と感じていました。カーソンが声を上げて戦わなかったら、60年代の鳥の個体数の急激な減少(ハクトウワシやミサゴを含む)が絶滅につながった可能性があります。

第二次世界大戦中の科学研究のための軍事資金は、DDTのような製品に流れました。 蚊やマイマイガのような害虫と闘うために、政府の飛行機が広大な私有地に散布し始めました。これは鳥や他の野生生物の大量死に繋がりました。そして科学的進歩のこの暗い側面については言葉がありまりませんでした。幸いなことに、漁業局で働いていたときに自然界について詩的に書き始めたカーソンは、オーデュボン協会によって問題を調査するために採用されました。農薬が実際に殺生物剤であると決定した研究の後、これらの化学物質のいくつかを発癌物質としてさらに制定した後、Silent Springが発表されました。The New Yorkerでの連載は、カーソンに対する誤報キャンペーンを行うという化学業界の試みを克服した宣伝戦略の一部でした。

この様な個々の勇気と決意が、制度的虐待を覆すために必要です。幸いなことに、カーソンの言葉は、農薬散布の背後にあるビジネス上の利益への説明責任を問い、より多くの情報に基づいた、政府への監視を積極的に促進しようとする世代の関心を集めました。DDTは最終的に禁止され、リスクのある鳥の個体数は回復しました。そして重要なことに、Silent Springは grassroots environmental organizationsがアメリカおよび世界中に広まるきっかけとなりました。